とかしきマップ

防災マップ

緊急の連絡先

AED設置場所案内

dental

渡嘉敷小中学校

阿波連小学校

事例

ホエールウォチング体験談

金城さん 体験談

写真01

写真02

写真03

金城肇(きんじょう・はじめ)さん

(渡嘉敷村字阿波連在住/民宿経営)
 金城さんは、ホエールウォッチングと名の付く以前から鯨と触れ合ってきた、ウォッチングナビゲーターの大ベテラン。そんな金城さんに、ホエールウォッチングについての、日頃からの心がけを伺いました。
 「ホエールウォッチングというのは、決して人間が踏み込んではいけない領域に、無理やり人間が入り込んでしまうものだと思います。私は常に、ウォッチングするのではなく、させて頂いているということを念頭に入れ、飽くまでも、くじらのご機嫌を第一に考えたウォッチングを心がけています。
 また、昨今の過熱ぎみなブームによって、ホエールウォッチングならぬ、ホエールキャッチャーになりつつあるのが、今一番の心配ですね。」 さすがにベテラン。くじらの気持ちを考えたホエールウォッチングということ。そういうことが何よりも大切なんですよね。近年、慶良間海峡にあまりにも多くのウォッチング船が集まるため、くじらたちが怯えているのでは?と、金城さんは懸念されているようです。
 「昔は、向こう(くじら)から船に近づいてきたのになあー」 とポツリ。 「今後のホエールウォッチングの可能性として、新しいウォッチングのやり方をいろいろ考えています。たとえば、陸の上から、山の上から、双眼鏡を手にホエールウォッチングなんてこともできるんですよね。
 何といっても相手は、大自然。雨、風、シケも自然のルール。ボートを出せない日だってありますよ。がっ、そんなことは、どうでもいいこと。自然には逆らえない!
 ナビゲーターとしての苦労?・・・感じたことはありませんが、心配は大いにあります。もう少し、時間のゆとり、心のゆとりをもってウォッチングに臨むということを、みんなで考えていけたらと思っています。」
 
   
 
渡嘉敷村役場 / 沖縄県島尻郡渡嘉敷村字渡嘉敷 183 TEL:098-987-2321
渡嘉敷村那覇連絡所 / 那覇市前島 3-25-1(とまりん 1F) TEL:098-868-7541
渡嘉敷村教育委員会 / 沖縄県島尻郡渡嘉敷村字渡嘉敷 183 TEL:098-987-2120
Copy Right 渡嘉敷村